トップページ > 髪のパサつき > 髪のパサつきの原因は?

髪のパサつきの原因は?

髪のパサつきの主な原因は、髪がダメージを受けてキューティクルが剥がれ、髪の中がスカスカになっていることです。

髪がダメージを受ける要因は様々あります。例えば、ヘアカラーやパーマ、ブラッシング、紫外線など。これらの原因で髪がダメージを受けるのは、一般的にもよく知られています。

しかし、ちょっと以外な原因もあるのです。それは、シャンプーやトリートメントで髪がダメージを受けるということです。

安価なシャンプーやトリートメントには髪の指通りを良くするためにシリコンが配合されています。実は、安価なシャンプーは質の悪いシリコンが配合されていることが多く、髪にダメージを与えるのです。シリコンが髪から剥がれるときに、一緒にキューティクルを剥がし髪にダメージを与えてしまうのです。

ただし、シリコンがいつも悪者とは限りません。髪が傷んでいる場合は、良質なシリコンが入っているシャンプーでケアすることも大切なんです

そして、もう1つ注意点があります。アミノ酸シャンプーと聞くと、アミノ酸系洗浄成分を配合し、石油系界面活性剤を配合していないと思ってしまいます。しかし中には、石油系界面活性剤のシャンプーにアミノ酸を少し加えただけで、とてもアミノ酸シャンプーと呼べないようなものもあります。きちんと石油系界面活性剤を配合していないと表記されているものを選びましょう。

髪のパサつきを解消する3つのポイント

シリコンを配合していない(傷みが激しい場合は良質のシリコンならOK)
石油系界面活性剤を使用していない
髪を補う成分を配合している